FC2ブログ
雪の葉
プレイしたTRPG、ゲームについて、詳細を徒然に書いていきます。 更新頻度はプレイ頻度次第。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お手紙ついた。
 いい加減にどうにかしろというぐらい前のセッション記録!
 バリバリ消費していくつもりです!……多分。

 そんなわけで、お手紙配達という簡単なお仕事を頼まれた冒険者たち。という内容の本セッション。
 ドルイド侍コタローの、初セッション時のGMでもある、桜丸GMの元。
 ブラン、マリィ、ロニ、ルーチェとうちの子コタローの5人で、頼まれた村へとお手紙配達のお使いへ。
 順調に地図どおりに手紙を配っていると。

 手紙が一枚余りました。(セッションタイトル)。
 という事態になったわけです。

 近くの村人に尋ねてみると、余ったお手紙の宛名は村の外れの森の中に住むという老婦人であるということ。
 一向、迷うこともなく森の中へ分け入る。老婦人の住まいへとたどり着いたが、しかし家は留守の模様。
 と…森の奥から悲鳴が聞こえ。何か異変が起こったことが面面にわかる。そして現れたのは…。

 ババは猛スピードで。
 ではなく。まあ100キロば○あ顔負けのスピードで森の奥から逃げてくる、手紙の受取人。
 その後から、ホブゴブリンとオーガが現れる。
 後衛陣は援護、前衛は攻撃と回避にいそしみながら戦闘を繰り広げ、何とか敵を打ち倒す。
 ホブゴブリンとオーガのでこぼこコンビ、結構いい味をだしておりました。会話が成り立っていないのに、親分子分の友情が成立しているところとか。

 桜丸GMの素敵な所は、敵も何処か憎めない。NPCには魅力がある。ところでしょうか。
 結局敵として倒してしまったものの、何処かほんわか。
 手紙も届けて、無事依頼終了となるのでした。。

 そして、例によって侍コタローは。
 援護を貰ってなお出目ふるわず。

 とことん、ついてない男。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kierigm.blog69.fc2.com/tb.php/60-40112aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。