FC2ブログ
雪の葉
プレイしたTRPG、ゲームについて、詳細を徒然に書いていきます。 更新頻度はプレイ頻度次第。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死者の妄執。
 強い未練を残した死者は幽霊になる。化けて出る。
 
 現実世界でもよく言われることですが、ソードワールドの世界でもそれはやはり同一です。そのような死者は、ゴースト、ホーント…などなどと呼ばれる「アンデッド(不死者)」の類…幽霊に成り果てることがあります。
 今回はそんな話。

 GMアムラエルの元。
 クールで職務には熱心なシーフ・ナウファ、ゴーイングマイウェイな魔術師クロム、後方支援型オールマイティ・ベンジャミン、シーフコック(コック関係ない)ペル、そしてドルイド侍なMYPCコタローという5人パーティでした。
 同じ冒険者宿の先輩で神官のエレナから、神殿の慈善活動の一環の援助を頼まれるパーティ。一人暮らしの老婦人の元を訪ねる。
 気難しい老婦人は、息子にも夫にも先立たれ、孤独に暮らしているという。

 そんな老婦人の家につき、扉を叩く。錠もかかっていない建物。
 いきなり初対面の冒険者たち(しかも男が大半)が大勢で押しかけたのでは、驚かせてしまうだろうとの判断で、顔見知りであるエレナと、パーティの中からベンジャミンが家の…老婦人が住まう二階へと赴く。
 ところで、部屋に踏み入ると、明らかに様子がおかしい。刃物が飛んできたり。妙な臭気がしたり。
 NPCのエレナを除いて、一人で突入することになってしまったベンジャミンは、一手に状況判断などを引き受けることに。…結果的に婦人への配慮が此方にとってはナカナカ難儀な状況になってしまったわけで。
 PLたちは薄々想像していたのですが、老婦人は孤独な死を迎えた後、息子に対する妄念によって、ゴーストと化していたのでした。

 その後、ベンジャミンが窓に向かってダガーを投じたことで、異変を察知し、パーティのほかの面子も現場に急行。此処から、展開が早く。
 ナウファ他の説得により、戦闘に突入することなく、無事老婦人を成仏(?)させることに成功。
 何処かやるせない気分になりつつも、シナリオは成功。

 PL・PCともに、シティアドベンチャー系の難しさを感じさせられたシナリオでした。戦闘して終わり!ではないのが、時間もかかるし、難しい所でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kierigm.blog69.fc2.com/tb.php/59-e7d1b67a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。