FC2ブログ
雪の葉
プレイしたTRPG、ゲームについて、詳細を徒然に書いていきます。 更新頻度はプレイ頻度次第。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「流星を追って・第五回」
 前回は初七日でもにゃーと不参加になってしまった、TRPG遊戯会での定例キャンペーン、「流星を追って」。
 今回は参加するも、急用につき、面子の二人が遅刻(一人は途中参加、一人は来ることが出来なかった…)という残念な事態に(;-;)

 どうも最近、皆さん忙しそうです。

 ところで、このキャンペーンのパーティの性格構成、「ボケ」「ボケ」「ボケ」「ボケ/ツッコミ」「ツッコミ」という具合に構成されて居るわけですが。
 前回参加者(私含む)が二人外れたため、正規キャンペーンではなく、目的地へと向かう旅の途中を描いたものになりました。
 そして、参加者の内訳。「ボケ」「ボケ」「ボケ」。
 …なんか、ツッコミの居ないボケ道中は、なかなか素敵なものだったようです(笑)。

 今回は、無事(?)目的地「価値なき町ドラフトレッド」へと到着します。MYキャラクタともう一人(前回不参加組)は、漁船の網に引っかかりっぱなしになったりしつつも。(無事)。

 さて、この町は元々炭鉱の町で、主な移動手段はトロッコです。
 トロッコは用途別に色分けされている模様。
 まず意気揚揚として乗り込んだトロッコ。前回スイッチを切り替えていたせいで、出発するも出発点の港へ舞い戻る。
 次に、領主に挨拶するために乗ったトロッコ。スイッチを切り替え損ねたりしたせいで、危うく谷をジャンプ!する羽目になりかけた危機も(これはブレーキを力づくで止めて阻止)。
 また、前回の「ボケ・ボケ・ボケ」パーティが、領主であるガレス卿がヒッチハイク[これ→(´一`)b]しているのを「フレンドリーな人だなぁ」と何の疑問もなく見送ったため、報酬も逃したりとか(笑)。
 実に、我等がパーティらしい展開。

 そして本題である「流星」こと宝玉。
 風の谷という、町の上部にいって尋ねたところ、どうやら廃坑の深くに落ちてしまったという情報を得ました。
 いよいよシーフの活躍が見られるか。次回こうご期待!

 そして相変わらず夜中に人を吹き出させそうにするこのセッション。
 笑いをこらえるのが大変すぎます。

 また、次回も一寸開催が危ぶまれる様子。なかなか難しいところですね。
 夏に向けて、皆忙しくなってきているのかもしれない…と思う今日この頃。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kierigm.blog69.fc2.com/tb.php/24-1feb981b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。