FC2ブログ
雪の葉
プレイしたTRPG、ゲームについて、詳細を徒然に書いていきます。 更新頻度はプレイ頻度次第。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラクタ名。
 キャラクタ(PC)名なしでの分類が難しく、結局表記することにしました。
 セッションに参加されている方で此処を見ていらっしゃる方で、異議あり!という方は、お手数ですがご連絡くださいませ。

 感想というものをつらつらと綴っていくとどうしても自己満足だけになってしまいがちで、且つ身内だけにしかわからないものになってしまいがちです。
 そうでないTRPGの感想ブログも知っているだけに、見習いたいなぁと思う今日この頃。
スポンサーサイト
小猫。猫。
 書きあぐねている間に大分前の話になってしまいましたorz
 せぶへぶにて、ユナGMのセッションに参加さして頂きました。
 PLは私も含めて6人。しばらくお休みしていたPLさんが復帰!とあって嬉しいセッションでもありました^^

 PCは、後衛型オールラウンダー・ベンジャミン、クールなシーフのナウファ、鉄拳に銃を持ち中衛も務めるようになったコーラル、クールビューティー神官レティシア、大ぶり鉄板神官娘アプル。そしてドルイド侍のコタロー(MYPC)という面子でした。

 今回のセッション内容は貴族からの依頼。
 話を聞いてみると、幾らか前から庭に届けられる木の実やきのこなどの素朴な贈り物のこと。そして、数日前から、庭で獣のようなものが争うような物音が聞こえるようになったこと。血のあとが残されていたこと。がわかる。
 執事、そして貴族の令嬢から、その物音の原因を突き止めることを依頼される一同。

 庭→森と順調に探索を進めていく。
 帰ってくる前に目標が現れても大丈夫なようにナウファが抜かりなくネットをしかけ、レンジャー技能を持つ面面が足跡を追っていく。
 途中で足跡は見失ってしまうが、屋敷に届けられた木の実と同じような木の実がなっている木を発見。すかさず登るのを試みるコタロー。
 しかしまさかのファンブル。
 そして、コーラル(めんこい女性神官)にオヒメサマ抱っこでキャッチされ危うい所を無傷。
 …こっそり木陰で泣きました。男の子なのに。

 夕暮れが迫り、屋敷に戻るパーティ。獣のような争う音が聞こえるのは夜間ということなので、とりあえず屋敷に待機することに。
 ところで、戻る途中に、ナウファが仕掛けたネットにレティシアが引っかかる罠。正に罠。
 そんなこんなしつつも、夜を待ち――。
 そして現れる影。
 影は、小さなツインテールキャット。「彼」は幾日か前に、怪我をしている所をこの屋敷の令嬢に助けられた恩返しに、きのこや木の実をせっせと届けていたのだった。

 更に、現れる影。
 今度は、ゴブリンシャーマンとゴブリンとホブゴブリン。典型的な妖魔だが、数が多くなかなか侮れない。物音は、屋敷の家畜を狙うゴブリンズとツインテールキャットとの戦いで生じたものだった。
 小猫の代わりにゴブリンとの戦いを引き受けるパーティ。
 難敵はゴブリンシャーマンだが、なんとベンジャミンがドルイド魔法をクリティカルさせ、一撃で沈める。
 あとは、地道に敵を倒し。
 …補助を貰ったけれど、イマイチ活躍できないMYPCの哀愁。
 そして敵を倒し、無事に一件は解決されるのだった。
[小猫。猫。]の続きを読む
魔族の暗躍。
 低いレベルのセッションでも勿論ですが、高レベルセッションとなると、いっそう緊張感が増します。
 今回は5~6LVのセッションをせぶへぶにて。

 GMはしぐるGM。面子は6人。
 戦う魔術(話術?)師アルカイン、鉄壁神官ガイ、知性派精霊使いイルシア、可憐な魔弾の射手タチアナ、貴族っぽくない(何)神官戦士ディーテと、MYPCヴィクター。という組み合わせ。

 デュケイド山脈間近、エイシジャル村付近で、石化した動植物が発見されたことが、ことの発端である。石化、ということで、様々な魔物やあるいは魔法の脅威が考えられるため、高レベルの冒険者への調査依頼がもたらされた。

 セッションは面面が村付近の森を馬車で通り過ぎようとする所から始まる。森を通り過ぎる所で、奇妙な像に気づくメンバーのうちの数人。
 色々調査するうちに、何かの魔法の装置であること。邪悪であろう気をまとっていること…魔法陣の一部?と思われるものであることがわかる。精神抵抗に失敗したメンバーは、像に触れることすらかなわなかったが、ガイがあっさり抵抗成功。現在せぶへぶのPC中最高の筋力で像を動かし穴に埋める。
 奇妙な方陣(六芒星の端らしい)の一部であるだろうこの場所をマッピングして、村へ向かうと…。

村では…人も、動植物も、建物も、大地でさえも石化していた…。

 そしてパーティは、この村が六芒星…すなわち方陣の通過点であることにも気づく。初めに見かけた像を思い出し、それぞれ六芒星の端へと向かう。
 案の定、そこには最初と同様の石像があり、パーティは精神抵抗に成功してなんとか像の位置をずらす。…心なしか邪悪な空気も薄れる。
 地図を見。六芒星の中心地点が怪しいと睨んだ一行は、迷わず其処へ向かう。そこにあったのは、古びた遺跡。そこも石化しており、進んだ中でであったのは…。

 哄笑する、魔族セルージョ。
 魔族は変貌し、膨れ上がったその真の姿で遺跡は崩れ。
 更に現れた魔族と共に、襲い掛かってくる。

 暗黒魔法LV7を使ってきたり、魔族特有の攻撃をしてきたりとパーティに苦戦を強いる、セルージョ。
 いきなり防御ファンブルをしてみたりもするディーテ。
 しかし、屈強な神官戦士ガイ、ベテラン魔術師アルカインの援護、炸裂する精霊魔法クリティカルのイルシア、なんかMYPCと親近感を覚えるディーテとの攻撃。そして可憐な細腕から放たれるタチアナ砲で、魔族セルージョを撃破。

 石化の魔法は解け、自体は一応の収束を向かえる。


 しかし、テロ組織「リ・ディアボロス」に関係があるらしきその魔族の含みのある言葉。そしてリ・ディアボロスの暗躍が背後に見られるこの事件。
 謎が全て解けることはなく、伏線を残したまま、セッションは終わるのでした。
[魔族の暗躍。]の続きを読む
それは事故。
 お馴染み、せぶへぶでのセッション。

 今回は、PC達の所属する宿「紅い夕風亭」の仲間の古い知り合いのケンタウロスからの依頼。LV4程度のPC達に対する依頼ともあって、なんだか話も大きくなってきました「ワイバーン退治」。
 音に聞く強敵相手。
 勇んで、ケンタウロスの集まっている所へと向かう一同。
 
 ちなみにこの時のパーティは、クラウローゼ(姐さん)・レイ(三頭身になる鉄板火力)・コーラル(鉄拳聖女)・ニコラ(MYPCホークマン)・アイレ(一見このパーティの中で一番女性らしい女性)。
 と、なんと(一応)全員女性。
 ケンタウロスたちに不安がられながらも、何処ふく風。
 女は度胸。と、ワイバーンの出現地点へ。

 オトリに案山子をつくり、草むらに潜んで狙撃体勢の一同。
 近づいてくるワイバーンに一斉狙撃。コーラルが、あっさり一回転クリティカル。狙撃は、クリティカルしやすくなります。さもありなん。
 狙撃に怒り襲い掛かってくるワイバーンにも、後衛の万全の補助もあって、ばっちり★のはずが…。

 ニコラ、防御ファンブル。16点ダメージ素通し(HP18)。
 危険。危険。


 ところが、次に2回転クリティカルで、復讐
 一応火力のあるファイターのクリティカルで、30ダメージをたたき出し、其の前の累積ダメージもあってワイバーンがあえなく撃沈。
 なむー。


 自分がGMしている時にありがちなパターンだけに若干天を仰ぐ。
 
 事故って、ありますね…。
[それは事故。]の続きを読む
屋敷掃除。
 セッションをしてからブランクが空いてしまいましたが、記録記録。
 せぶへぶにてセッション。

 GMかみるんのもと、6人という大人数ながら、2時間半ちょいぐらいといういいペースのセッションにPL参加でした。

 概要は、ビブリオマニアの図書館勤務員が、大量の本が入る家に引越しをした所、幽霊の出る欠陥物件をつかまされたので何とかしてほしいとのこと。
 女性には優しいギルフォード、営業スタイル以外は3頭身になる脅威のノーブル、レイザーリティス(レイちゃん)、鉄拳聖女コーラル、クールクールなナウファ、優しいソサラプリのアンジェラと共に、貧乏侍コタローで参戦。

 屋敷の簡単な探索。そして妄執で屋敷に取り付いていた男の幽霊を倒し、其の後、不動産屋を締め上げて依頼終了となりました。
 当方といえば1回のセッションで6ゾロと1ゾロを出したり。
 レイちゃんの3頭身パワーが炸裂したり。(ホーリーウェポンでレート41はすごい。)
 屋敷の掃除をしたり。
 アフターケアも万全なセッション。

 楽しくあそばせていただきました^^
[屋敷掃除。]の続きを読む
探し物はなんですか。
 子供でした。
 せぶへぶにて、GMしぐるさん、PL6人でのセッション。

 大まかな内容は、森で行方不明になった子供達を捜すというもの。
 行方不明になった子供は2人、2週間前と1週間前。また森でキマイラを見かけたという話もあり、依頼を受けた時点で、PC側・依頼者の村人側も、最悪の結果を想定せざるを得ない状況。
 しかし一縷の希望を求め、冒険者達は森へと踏み込む。

 レンジャーやシーフの技能を駆使し、足跡追跡や探索・聞き耳などで森をわけ進む一行。
 森の東側にキマイラ。森の西側に子供の足跡が続いていることが判明する。
 MYPCニコラがマッパーに挙手して地図を作りつつ、驚異的な6ゾロ(計3回だった)で此処を故郷の森かと言わしめさせたベンジャミンと、中堅どころのブランが前を進む。
 途中、保護対象の子供かと思われる子供に遭遇したが…マゼンダ初めレイの機転で、相手がスプリガンであることが判明。
 子供(スプリガン)のそばにいたコーラルが危うく奇襲攻撃を避け、戦闘に。

 スプリガンを倒した一行は、ベンジャミンが奇跡的に聞き取った笛の音を辿り、森を西へと進む。
 笛…フルートを吹いていたのは、一人のグラスランナー(冒険者らしい)。
 そして彼(?)の後の岩陰から、子供達二人が現れる。どうやら、彼がかくまっていてくれたらしかった。

 思いもよらぬ幸運で子供達は奇跡の生還を遂げ、パーティもほっと一安心。
 翌日のキマイラ退治(巻きにより割愛)も無事に終えて、セッションは終了となるのでした。
[探し物はなんですか。]の続きを読む
お名残。
 夏の名残…みたいな!
 水着フェスティバルセッションに参加!

 いつものせぶへぶにて、GMはしぐるGM。PLは私も含めて6人と、ナカナカ人数の多いお祭りセッションでした。
 お祭りセッションだけに賑やか良し。そして水着だけに、女性PCが勢ぞろいです。
 元気系、清楚系、女王様まで、色とりどりに、華やか。

 内容はミニゲーム系でしたが、クイズはなかなか難しく。
 しかし一番の難問に1分で答えた女王様に全員驚愕。
 また、クリティカル値が12にも関わらず、やたらとクリティカルの出たセッションでもありました。

 そして大会の結果は、我等がチームが1,2,3位を独占。MYPCは3位でした。
 大会荒らしと呼ばれましたがさもありなん…。
 ダイエット食品(保存食)を賞品に頂き。水着も頂き。
 去り行く夏をしのびつつ、楽しみましたw 
[お名残。]の続きを読む
敵NPC操作。
 敵NPC操作に挑戦してみんとす。

 5人のPLさんの割と高ランクセッション(LV3~5)。
 敵もそれなりに頑張って作ってみました。
 普段は面倒なのと技量不足で敵は大きいの一体に絞ることが多い一条。一体に絞ると、時間もかからないというのがまあほんとの所の理由です(ということに。ほんと)。

 内容は軽探索とバトル。
 バトルは………ああ無惨。
 味方の強さを甘く見ておりました。
 次からはもっともっと強くしようと思う反面、人間やダークエルフの敵で5LV以上のがごろごろ転がっているのもどうなんだろう。と悩み。
 兎に角あっさりやられてしまいました。
 戦闘の味気なさをどうにかしないと…と目下努力の人。


 最後に。倉庫の探索が一番盛り上がったような気がする。
 キルティング鍋敷きとかミトンとかなのに!
 参加者様には例によって感謝、感謝。
[敵NPC操作。]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。