FC2ブログ
雪の葉
プレイしたTRPG、ゲームについて、詳細を徒然に書いていきます。 更新頻度はプレイ頻度次第。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンペーンの難しさ。
 キャンペーン。連続して行われるセッションのことを、そう呼びます。

 前述の通り私はキャンペーン参加回数は少ないですが、PL(プレイヤー)PC(キャラクター)間の親睦と団結感も高まり、とても楽しく、単発ものとは違った味のあるものだと認識しています。

 私が参加しているのは主にオンラインでのセッションです。
 オンラインセッションの利点は、いつでも、時間の合う人と。何処に居る人でも。セッションが出来ることにあると思います。
 (ログ取りも楽なのでリプレイが作りやすいとかもあると思いますが)。

 しかしながら、勿論、各PLにはリアルの事情もあるわけです。
 その事情によって、キャンペーンが滞ったり、あるいはPLさんが抜けたり。最悪の場合キャンペーンが中止になってしまったりすることもあります。
 単発のセッションでないことが、逆にそうした状況を生みやすくなっているのだと思います。
 長期に渡って予定を確保するのは、学生は勿論社会人にとっても、生活がある以上難しいことですから。

 見てきた限り、色んなキャンペーンが途中で中止になったり、休止になったりしています。
 それはとても残念なことです。参加者にも、GMにも。
 どのキャンペーンも、恙無く終わることを祈りつつ。
[キャンペーンの難しさ。]の続きを読む
スポンサーサイト
キャンペーン「流星を追って」
 文字通り、現在参加しているキャンペーンのことについて。

 私はSWのセッションは結構経験して参りましたが、実はあまりキャンペーン経験はありません。
 で、今回のキャンペーンは(色んな意味で)面白くて素敵なSIRGMさんというGMさんからお誘いを受けての参加となりました。

 内容はずばり「宝探し」。
 商人が持ち込んだ宝の地図。それは内海の上に浮かぶ宝島の地図だという。内容の信憑性にはいささか欠ける…そんな仕事を、冒険者達は受けることを選ぶ。
 第一回は、宝島に近い臨海の町へ赴くことに。
 そこで付いて来た商人のコネで、宝島や最先端の研究に詳しい博士から、宝島への行き方指南をもらいます。
 鳥になる薬を飲んだり、グライダーを使ったり、羽のある種族は飛んでいったり、と。
 飛びすぎて火星までいったりとか。
 その辺りGMの特徴でしょうか。

 
 さて第一回で宝島へ到着した面々は、第二回へと進むに至り、早速あちこちを探索し始める。やたら松本零次調なモノが出てきたり、天空バニーが出てきたりと、恐ろしい内容。

 彼方此方にGMの遊び心が垣間見えすぎます。
 
 まあ、本筋に戻ると。キーパーツである宝玉を探し、島内の建造物内を探索することに。しかし宝玉探しで庭園に下ると、老朽化していた建物の庭園はあえなく崩れ、宝玉は流星のごとく各地へと飛び散っていってしまう――。

 まさに流星を追って

 しかし、幸い遺跡にはキーパーツが残されていた。
 夜になり、星星の光を受け、宝玉の方向を指し示すという盾と思しきモノ。
 冒険者達は、光の導くままに、宝玉を求め各地へと旅立つ――。

 現況はこんな内容です。
 島から降りるときに高速で飛んでくる豆腐のトラップや、一反木綿との死闘があったりするのはご愛嬌。
 キャンペーンは現在も進行中です。
 次は6/1に、TRPG遊戯会のEルームで行われる予定。いつかログも載せたいなぁと思いつつ。

 楽しみです!
はじまり。
 はじまりは一つの灯から。

 此処では私、消理がプレイ(またはGM)したTRPG、家庭用ゲーム、オンラインゲームなどについて、筆の赴くままに感想など書いていこうと思います。
 過去のモノも幾らか混ざったり。

 ことTRPGはコミュニケーションのゲーム。
 プレイすることは、長く続く白い道を歩いていくようなもの。
 自分のための道しるべ、記録として。
 または、他の人の道しるべ、参照として。

 そんな感じで書いていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。