FC2ブログ
雪の葉
プレイしたTRPG、ゲームについて、詳細を徒然に書いていきます。 更新頻度はプレイ頻度次第。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お手紙ついた。
 いい加減にどうにかしろというぐらい前のセッション記録!
 バリバリ消費していくつもりです!……多分。

 そんなわけで、お手紙配達という簡単なお仕事を頼まれた冒険者たち。という内容の本セッション。
 ドルイド侍コタローの、初セッション時のGMでもある、桜丸GMの元。
 ブラン、マリィ、ロニ、ルーチェとうちの子コタローの5人で、頼まれた村へとお手紙配達のお使いへ。
 順調に地図どおりに手紙を配っていると。

 手紙が一枚余りました。(セッションタイトル)。
 という事態になったわけです。

 近くの村人に尋ねてみると、余ったお手紙の宛名は村の外れの森の中に住むという老婦人であるということ。
 一向、迷うこともなく森の中へ分け入る。老婦人の住まいへとたどり着いたが、しかし家は留守の模様。
 と…森の奥から悲鳴が聞こえ。何か異変が起こったことが面面にわかる。そして現れたのは…。

 ババは猛スピードで。
 ではなく。まあ100キロば○あ顔負けのスピードで森の奥から逃げてくる、手紙の受取人。
 その後から、ホブゴブリンとオーガが現れる。
 後衛陣は援護、前衛は攻撃と回避にいそしみながら戦闘を繰り広げ、何とか敵を打ち倒す。
 ホブゴブリンとオーガのでこぼこコンビ、結構いい味をだしておりました。会話が成り立っていないのに、親分子分の友情が成立しているところとか。

 桜丸GMの素敵な所は、敵も何処か憎めない。NPCには魅力がある。ところでしょうか。
 結局敵として倒してしまったものの、何処かほんわか。
 手紙も届けて、無事依頼終了となるのでした。。
[お手紙ついた。]の続きを読む
スポンサーサイト
死者の妄執。
 強い未練を残した死者は幽霊になる。化けて出る。
 
 現実世界でもよく言われることですが、ソードワールドの世界でもそれはやはり同一です。そのような死者は、ゴースト、ホーント…などなどと呼ばれる「アンデッド(不死者)」の類…幽霊に成り果てることがあります。
 今回はそんな話。

 GMアムラエルの元。
 クールで職務には熱心なシーフ・ナウファ、ゴーイングマイウェイな魔術師クロム、後方支援型オールマイティ・ベンジャミン、シーフコック(コック関係ない)ペル、そしてドルイド侍なMYPCコタローという5人パーティでした。
 同じ冒険者宿の先輩で神官のエレナから、神殿の慈善活動の一環の援助を頼まれるパーティ。一人暮らしの老婦人の元を訪ねる。
 気難しい老婦人は、息子にも夫にも先立たれ、孤独に暮らしているという。

 そんな老婦人の家につき、扉を叩く。錠もかかっていない建物。
 いきなり初対面の冒険者たち(しかも男が大半)が大勢で押しかけたのでは、驚かせてしまうだろうとの判断で、顔見知りであるエレナと、パーティの中からベンジャミンが家の…老婦人が住まう二階へと赴く。
 ところで、部屋に踏み入ると、明らかに様子がおかしい。刃物が飛んできたり。妙な臭気がしたり。
 NPCのエレナを除いて、一人で突入することになってしまったベンジャミンは、一手に状況判断などを引き受けることに。…結果的に婦人への配慮が此方にとってはナカナカ難儀な状況になってしまったわけで。
 PLたちは薄々想像していたのですが、老婦人は孤独な死を迎えた後、息子に対する妄念によって、ゴーストと化していたのでした。

 その後、ベンジャミンが窓に向かってダガーを投じたことで、異変を察知し、パーティのほかの面子も現場に急行。此処から、展開が早く。
 ナウファ他の説得により、戦闘に突入することなく、無事老婦人を成仏(?)させることに成功。
 何処かやるせない気分になりつつも、シナリオは成功。

 PL・PCともに、シティアドベンチャー系の難しさを感じさせられたシナリオでした。戦闘して終わり!ではないのが、時間もかかるし、難しい所でした。
神様に疑惑。
 久しぶりに更新。
 10月の頭のセッションの記事ですorz

 
 10月頭、しぐるGMのセッション。今回は少し人数の多い6人パーティ。 人の良い爽やかガイスト・クレイ、同じく人の良いめんこいガイスト(角のあるせぶへぶオリジナル種族)・ガトー、後衛オールラウンダー・ベンジャミン、グラスランナーシーフで探索担当のウィノ、熱血神官娘コーラルと、ドルイド侍コタロー(MYPC)という、組み合わせ。
 
 未発掘の遺跡を調査しにいった先遣隊が行方不明になったので、先遣隊の捜索&遺跡の調査を依頼された一同。
 割と本格的な簡易ダンジョンものでした。
 途中の罠は既に解除されていたりで、割と順調に道のりを進める一向。
 探索で、机に取り付けられた鍵を、机を壊して運ぶか?などとすごい案も出る中、とりあえず普通に最深部へ。

 最深部に待っていたのは、先遣隊(生存していました!)と部屋の中を歩き回る、石のグリフォン(以後グリフォンゴーレム)2匹。
 先遣隊を救出し、遺跡の調査を続行するために、グリフォンゴーレム撃破を決めた一向。
 肉弾派の三人が前衛に出、ベンジャミン・コーラル・ウィノの補助を受けつつ戦闘。

 敵は石だけあって硬いわけですが…。
 ニコラ、槍で三回転しました。
 クリティカルです。6ゾロ2回でました。
 このGMのとき、このキャラはやたらクリティカルするようです。恨みでもあるのかと思うぐらい…;
 そして、ベンジャミンの魔法も回る。

 …おかげで意外にあっさりと戦闘が終わりました。
 ヘボいながらGMもやる身としては大回転して戦闘が終了するのは複雑な心境ですが^^;
 ダンジョンもの。楽しかったですw

 ちなみにコーラルの神聖魔法が妙に良い出目なため、彼女の信仰するハルト神にPL・GMから次々とロリコン疑惑が投げられ、このタイトルでした。
小猫。猫。
 書きあぐねている間に大分前の話になってしまいましたorz
 せぶへぶにて、ユナGMのセッションに参加さして頂きました。
 PLは私も含めて6人。しばらくお休みしていたPLさんが復帰!とあって嬉しいセッションでもありました^^

 PCは、後衛型オールラウンダー・ベンジャミン、クールなシーフのナウファ、鉄拳に銃を持ち中衛も務めるようになったコーラル、クールビューティー神官レティシア、大ぶり鉄板神官娘アプル。そしてドルイド侍のコタロー(MYPC)という面子でした。

 今回のセッション内容は貴族からの依頼。
 話を聞いてみると、幾らか前から庭に届けられる木の実やきのこなどの素朴な贈り物のこと。そして、数日前から、庭で獣のようなものが争うような物音が聞こえるようになったこと。血のあとが残されていたこと。がわかる。
 執事、そして貴族の令嬢から、その物音の原因を突き止めることを依頼される一同。

 庭→森と順調に探索を進めていく。
 帰ってくる前に目標が現れても大丈夫なようにナウファが抜かりなくネットをしかけ、レンジャー技能を持つ面面が足跡を追っていく。
 途中で足跡は見失ってしまうが、屋敷に届けられた木の実と同じような木の実がなっている木を発見。すかさず登るのを試みるコタロー。
 しかしまさかのファンブル。
 そして、コーラル(めんこい女性神官)にオヒメサマ抱っこでキャッチされ危うい所を無傷。
 …こっそり木陰で泣きました。男の子なのに。

 夕暮れが迫り、屋敷に戻るパーティ。獣のような争う音が聞こえるのは夜間ということなので、とりあえず屋敷に待機することに。
 ところで、戻る途中に、ナウファが仕掛けたネットにレティシアが引っかかる罠。正に罠。
 そんなこんなしつつも、夜を待ち――。
 そして現れる影。
 影は、小さなツインテールキャット。「彼」は幾日か前に、怪我をしている所をこの屋敷の令嬢に助けられた恩返しに、きのこや木の実をせっせと届けていたのだった。

 更に、現れる影。
 今度は、ゴブリンシャーマンとゴブリンとホブゴブリン。典型的な妖魔だが、数が多くなかなか侮れない。物音は、屋敷の家畜を狙うゴブリンズとツインテールキャットとの戦いで生じたものだった。
 小猫の代わりにゴブリンとの戦いを引き受けるパーティ。
 難敵はゴブリンシャーマンだが、なんとベンジャミンがドルイド魔法をクリティカルさせ、一撃で沈める。
 あとは、地道に敵を倒し。
 …補助を貰ったけれど、イマイチ活躍できないMYPCの哀愁。
 そして敵を倒し、無事に一件は解決されるのだった。
[小猫。猫。]の続きを読む
魔族の暗躍。
 低いレベルのセッションでも勿論ですが、高レベルセッションとなると、いっそう緊張感が増します。
 今回は5~6LVのセッションをせぶへぶにて。

 GMはしぐるGM。面子は6人。
 戦う魔術(話術?)師アルカイン、鉄壁神官ガイ、知性派精霊使いイルシア、可憐な魔弾の射手タチアナ、貴族っぽくない(何)神官戦士ディーテと、MYPCヴィクター。という組み合わせ。

 デュケイド山脈間近、エイシジャル村付近で、石化した動植物が発見されたことが、ことの発端である。石化、ということで、様々な魔物やあるいは魔法の脅威が考えられるため、高レベルの冒険者への調査依頼がもたらされた。

 セッションは面面が村付近の森を馬車で通り過ぎようとする所から始まる。森を通り過ぎる所で、奇妙な像に気づくメンバーのうちの数人。
 色々調査するうちに、何かの魔法の装置であること。邪悪であろう気をまとっていること…魔法陣の一部?と思われるものであることがわかる。精神抵抗に失敗したメンバーは、像に触れることすらかなわなかったが、ガイがあっさり抵抗成功。現在せぶへぶのPC中最高の筋力で像を動かし穴に埋める。
 奇妙な方陣(六芒星の端らしい)の一部であるだろうこの場所をマッピングして、村へ向かうと…。

村では…人も、動植物も、建物も、大地でさえも石化していた…。

 そしてパーティは、この村が六芒星…すなわち方陣の通過点であることにも気づく。初めに見かけた像を思い出し、それぞれ六芒星の端へと向かう。
 案の定、そこには最初と同様の石像があり、パーティは精神抵抗に成功してなんとか像の位置をずらす。…心なしか邪悪な空気も薄れる。
 地図を見。六芒星の中心地点が怪しいと睨んだ一行は、迷わず其処へ向かう。そこにあったのは、古びた遺跡。そこも石化しており、進んだ中でであったのは…。

 哄笑する、魔族セルージョ。
 魔族は変貌し、膨れ上がったその真の姿で遺跡は崩れ。
 更に現れた魔族と共に、襲い掛かってくる。

 暗黒魔法LV7を使ってきたり、魔族特有の攻撃をしてきたりとパーティに苦戦を強いる、セルージョ。
 いきなり防御ファンブルをしてみたりもするディーテ。
 しかし、屈強な神官戦士ガイ、ベテラン魔術師アルカインの援護、炸裂する精霊魔法クリティカルのイルシア、なんかMYPCと親近感を覚えるディーテとの攻撃。そして可憐な細腕から放たれるタチアナ砲で、魔族セルージョを撃破。

 石化の魔法は解け、自体は一応の収束を向かえる。


 しかし、テロ組織「リ・ディアボロス」に関係があるらしきその魔族の含みのある言葉。そしてリ・ディアボロスの暗躍が背後に見られるこの事件。
 謎が全て解けることはなく、伏線を残したまま、セッションは終わるのでした。
[魔族の暗躍。]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。